βグルカンやDHAなどサプリメントの成分についての参考。

愛犬のため・愛猫のため

Pet-News

サプリメントの成分について

参考としてご覧ください。
一般的に知られている成分の内容を抜粋(wikipediaやその他辞書等を参照)です。
錠剤や顆粒・液状などにわかれ、成分を含有しサプリメントが完成します。
成分について抜粋時に参考にしたものを記載していますが、
其々の作用は異なるので各製品については販売メーカーに問合せましょう。
サプリメントは医薬品ではないということを理解した上で、
それぞれの体にあった必要な成分を摂取しましょう。


※それぞれの成分について詳しく知りたいときは、多くの文献や説明が
インターネット上で公開されていますので、自身で検索してください。

▼β-グルカンについて

β-グルカン(β-glucan、べーた-)とは、グルコースがグリコシド結合で連なった多糖である
グルカンの内、β-グリコシド結合で繋がった重合体の総称である。
植物や菌類、細菌など自然界に広く分布し、アガリクスやメシマコブ、
霊芝などにβ-グルカンを持つとされる。
単にβ-グルカンと言った場合は、通常β-1,3-グルカンのことを指す。
β-グルカンは結合様式により様々な名称を持つ。

日本ではβ−グルカンというと,キノコのものが注目されていますが,
欧米ではもともとβ-グルカンはパン酵母から抽出され,研究されてきた経緯があります。
研究の端緒は古く,1900 年代のドイツとされいます。
ヨーロッパでの研究を背景に,1940 年初頭に米国でパン酵母を化学処理して特長成分を
抽出することに成功し,この物質をザイモザン(Zymosan)と名付けました。
ザイモザンはタンパク質や脂質なども含む複雑な物質ですが,
1960 年代にその主要成分はβ-(1→3)(1→6)グルカンである確認されました。
その頃から,日本ではキノコ由来のβ−グルカンの研究が進むようになりました。
キノコのβ-グルカン 種々のキノコ類でβ-グルカンの存在が確認されています。
構造的には,直鎖状のβ-(1→3)結合を基本構造とするものが多く,
β-(1→6)結合,β-(1→4)結合などで枝分かれしているものもあるようです。
現在健康食品(栄養補助食品)で話題となっているものの大部分がキノコのβ-グルカンです。
カワラタケの培養菌体から得られたクレスチン(PSK)やシイタケの子実体から得られた
レンチナン(LNT),スエヒロタケ由来のジゾフィラン(SPG)などもあります。
β-グルカンを摂ることは、健康を維持する免疫力の維持にもつながるといわれています。
免疫力とは健康な体を正常な状態で維持するための、防御反応のことです。
例えば、体内で発生した自己の異物の退治や修復、外から体内に入り込んだ物を異物として
認識し、追い出そうとする力など、人もペットも本来は健康体を維持するために
自然にそなわっているものです。加齢や体の疲労・ストレスや病気といった色々な
原因でこの力も低下し、それぞれの体によって個体差があるというわけです。

※上記は参考書籍等の一部を抜粋しています。
βグルカンのペット専用サプリのひとつ(アガペットゴールド)や、
その他たくさん企業が、βグルカンとしてペット用だけではなく、
人用のサプリもキノコ系や大麦・パン酵母からなど多くの種類があります。

▼セサミン

胡麻(ごま)の成分であるゴマリグナンに含まれる物質。体内に発生する活性酸素を
減らす働きがあるという。 セサミンの栄養は、ごまの種子に含まれる脂溶性の
抗酸化物質であるゴマリグナンの一種。ごま、ごま油に多く含まれる。
セサミン (sesamin) はゴマリグナンに含まれる成分の一つ。
セサミンはピペリトール/セサミン合成酵素(CYP81Q1)が単独で触媒する2回の
メチレンジオキシブリッジ形成反応によってピノレジノールからピペリトールを経て生成される。
セサミンはごま油やサンショウから分離する技術がサントリーによって最初に開発されている。
日本、台湾、韓国などのアジアでの研究を中心に作用が報告されている。
ヒトへの投与実験など様々な報告が発表されている。

※上記は参考書籍等の一部を抜粋しています。
■セサミンのサプリは人用もペット用でもSUNTORYやDHC・漢方等、数種類あります。

▼DHA/EPA

不飽和脂肪酸の一種である、DHAとEPAは、主に魚の油に含まれている成分。
脂質なので、さんま、さば、いわしなどいわゆる油の乗った青魚に特に豊富に含まれています。
よく似ているように見えるEPAとDHAにはどのような違いがあるのか?
どちらも血液をサラサラにする健康成分といわれていますが、DHAには、脳の機能を向上させたり、
抗うつ作用、一方、EPAには、血栓を防ぐ作用の他に抗炎症、免疫調節作用などに役立つ成分であると
報告されています。
EPAは1960年代にその働きが発見されて以来、血液の性状を健康に保ち、
特に血栓ができにくくしたり、予防するという働きがあるということが世界中の医学者によって
研究され続けてきました。EPAに血液サラサラ効果があると言われるのは、
そのような結果が認められているからでしょう。
DHAは1980年代の後半に脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている
栄養素であることが話題となり、DHAを食べると「頭の働きがよくなるのでは?」と
いった分かりやすいフレーズで一躍有名になりました。
DHAもEPAも体内で合成されない成分で、魚などの食品からしか摂取できない必須脂肪酸です。
日頃から意識して取り入れることが大切です。

▼乳酸菌

オリゴ糖などの糖を利用して、乳酸をはじめとする酸をつくりだす細菌の総称で、
自然界に広く存在しています。人間の体内にすんでいるのは、各種のビフィズス菌、
アシドフィルス菌、腸球菌の一種であるフェカーリス菌などで、これらは善玉菌と呼ばれ、
その働きをプロバイオティクスと呼んでいます。
乳酸菌の働きは?腸内にすむ乳酸菌、ビフィズス菌を増やし、腸内の有用菌を増やします。
乳酸、酢酸を産生し、腸の運動を促進して、有害菌の増殖を抑制します。
乳酸菌が不足するわけは、動物は本来、自然のものを生で食べることにより乳酸菌を
補給してきました。しかし現代では、食物の保存期間を長くしたり、見栄えをよくしたり
するため、加熱殺菌処理や防腐剤の添加などが行われ、このときに有益な菌である乳酸菌も
除かれてしまっているのです。
近年、マスコミなどで盛んに乳酸菌の効用が伝えられ、新しい製品も続々と発売されていますが、
そもそも乳酸菌は太古の昔から人間と共生してきた細菌です。乳酸を出して他の有害菌を
寄せ付けず、宿主の人間・動物にまったく害を与えない細菌なのです。
だからこそ皮膚の表面、口の中、鼻の中、腸内に棲みつくことができるわけです。
乳酸菌といえば腸内細菌の面だけが強調されていますが、もっと私たちに身近な存在です。
漬物ひとつとってみても、野菜を乳酸菌のいないぬか床の中 に入れるとすぐに腐敗してしまいます。
ぬか床の中の野菜がおいしい漬物になるのは、乳酸菌が大量に繁殖して乳酸を
出し続けているため他の雑菌が繁殖できないからです。
乳酸菌によって腸内環境が整うことで免疫が維持でき健康な腸が保たれる助けになると言われる。

※上記は参考書籍等の一部を抜粋しています。
■乳酸菌はヨーグルトを含め人用もペット用も様々なサプリも数種類あります。
腸内には健康を維持するための免疫がたくさんつまっているので、
乳酸菌のサプリなどで腸内の環境を整えることは健康のためにも良いと思います。

▼オメガ3(n-3)系脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、体内のさまざまな機能にとって重要な多価不飽和脂肪酸に属しています。
オメガ3脂肪酸のEPAやDHAは、脂肪が多い魚(たとえば、サケ、マグロ、マス)や
甲殻類(たとえば、カニ、ムール貝、カキ)のような海産物に含まれています。
オメガ3の異なる種類であるALAは、植物油(たとえば、セイヨウアブラナ、大豆)
など他の食物に含まれています。オメガ3脂肪酸はサプリメントとしても摂取できます。
たとえば、魚油サプリメントはEPAやDHAを含み、亜麻仁油はALAを含んでいます。
オメガ3系脂肪酸は、代表的な脂肪酸としてはα-リノレン酸があり、α-リノレン酸は、
人の体内でつくることができない、必須脂肪酸のひとつです。α-リノレン酸は、
体内に入ったあと、代謝されてEPA、DHAとなります。植物由来の油では、
えごま油や亜麻仁油に多く含まれるほか、青魚含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、
DHA(ドコサヘキサエン酸)もオメガ3系列脂肪酸です。

▼グルコサミン

只今作成中

▼コンドロイチン

只今作成中

上記は数あるサプリメント中の一部成分についての説明です。成分が同じでも製造方法や添加物等によって品質などは異なるため、色々調べたり、納得のいくもを選びましょう。その為の参考としてお役立てください。

役立つ健康ニュース

アガペットゴールド 口コミの良い注目の健康サプリメント