犬のホルモンバランスについて、犬の健康を維持する事で体本来の力に貢献

愛犬のため・愛猫のため

Pet-News

犬の内分泌・ホルモンについて

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

副腎皮質機能亢進症は、別名クッシング症候群と言われます。
糖の代謝を助ける副腎皮質から分泌されるホルモンの慢性的な分泌過剰状態から
発症する症候を言います。犬では生後6ヶ月〜17歳迄、幅広い年齢層で発病が
見られますが特に8歳〜12歳の老犬に最も多くみられます。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の症状は、元気がなくなる・水をたくさん飲む為
尿量が増える・ホルモン異常により肥満・毛が乾燥して脱毛する(左右対称の脱毛)
・皮膚の色素沈着・皮脂が脂っぽくなる脂漏・筋力の低下・腹部の膨張・睾丸の萎縮などが
見られます。又糖尿病を併発することも多い様です。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)は、副腎皮質から分泌されるホルモンの過剰分泌に
よって起こります。癌やアレルギーの治療時にステロイド薬(副腎皮質ホルモン)を
投与した場合や、副腎腫瘍・脳下垂体の腫瘍が原因となる場合もある様です。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)

副腎皮質機能低下症は別名アジソン病とも言います。
犬の副腎皮質ホルモンの分泌が必要以上に減少・不足した症状です。
コリー犬やプードルによくみられ、若い犬から中年層のメスへの発症がよく見られます。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)
犬の副腎皮質機能低下症の症状は食欲や元気がなくなる・嘔吐・下痢
・体重減少・脱水・腹痛症状がみられます。症状はいきなり現れる事が多いようです。
一度発症すると、生涯にわたりホルモン剤の投与を行う必要があるようです。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)
多くの場合、突然発病しますが、特に何かストレスを受けた後の発病しやすいようです。
副腎を摘出した為に副腎皮質ホルモンが分泌されなくなって不足した・極度のストレス
・腫瘍ができた・感染症や血管疾患で起こる場合があります。

甲状腺機能低下症

成犬から老犬にまでよく見られる病気で、犬のホルモンが関与する病気では最も多いとも
言われます。ゴールデンレトリバーやブルドッグによく見られます。

甲状腺機能低下症
の症状 犬の甲状腺機能低下症の症状は、甲状腺ホルモンが、様々な物質の代謝
(たんぱく質・脂質・ビタミン類・エネルギー等)等に作用する為、低体温(寒さにも
弱くなる)や体重の増加、無気力、倦怠感、元気消失、食欲不振などの症状が
みられます。皮膚の乾燥や脱毛・色素沈着や徐脈、心臓機能も低下します。
まれに顔面神経麻痺や足などの末梢神経の麻痺が起こり足腰が弱く見えたり
することがあります。

甲状腺機能低下症
の原因 犬が甲状腺ホルモンの生成や分泌不足、又はホルモンバランスの崩れが
引き起こすものでほとんどすべての器官系の代謝機能に影響すると言われています。

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症
犬の甲状腺ホルモン生産や分泌が亢進し、血中の甲状腺ホルモン濃度が高値を持続する
甲状腺疾患です。

甲状腺機能亢進症の症状
犬の甲状腺機能亢進症の症状は、微熱・体重の減少・頻脈、飲水量の増加・多尿・下痢・眼球突出等の
症状が起こります。又落ち着きがなくなる事や、すごく活発に行動したりする神経症状も
見られます。甲状腺を摘出し、手術により回復の可能性があるとされ、適切な量の甲状腺
ホルモンを一生与え続ける必要がある様です。

甲状腺機能亢進症の原因
甲状腺ホルモンの過剰生産が原因となります。甲状腺機能亢進症の最も多い原因は、
甲状腺に発生する腫瘍で、良性と悪性の腫瘍があります。高齢での発生が多く見られます。

尿崩症

尿崩症
尿崩症は、多飲多渇(たいんたかつ)・多尿症候群とも呼ばれます。尿の過剰な排出を防ぐ
ホルモン、抗利尿ホルモンの産生あるいは分泌が障害され、その為に多尿となった状態を
尿崩症と言います。尿を作る働きはこの抗利尿ホルモンによってコントロールされています。
このホルモンは脳の視床下部で作られ、下垂体に蓄えられます。犬の体内水分が不足してくると
抗利尿ホルモンが下垂体から分泌されて腎臓に働きかけ水分の排出を防ぎます。逆に水分が
過剰になるとこのホルモンの分泌は抑えられます。体重1㎏につき1日100ml以上の水を
飲めば多飲と言われます。又体重1㎏につき1日50ml以上の尿をすれば
多尿と言われます。

尿崩症の症状
犬の尿崩症の症状は、視床下部や脳下垂体の炎症で飲んだ水に対する尿の量をコントロールする
抗利尿ホルモンが正常に働かなくなります。飲水の量と出す尿の量が標準を大きく超えます。
進行度により異なりますが水をたくさん飲んでも欲しがる(多飲多渇)や、尿量が多くなる(多尿)が
主症状です。自由に水を飲める状態であれば胃拡張や嘔吐等の症状がみられることもある様です。

尿崩症の原因
ホルモンを作る視床下部や、蓄える下垂体などに傷がついたり(手術や事故・外部からの衝撃等)
腫瘍ができたり感染によって炎症がおこったりすると抗利尿ホルモンが正常に分泌されなくなって
尿の排出をおさえれなくなります。又、遺伝的にホルモンを作れない犬や腎臓病の犬、
ステロイド薬や利尿薬・抗痙攣薬等が原因でおこることもあります。

糖尿病

糖尿病
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足するか、インスリンの作用が
損なわれる事により起こる代謝性疾患が糖尿病です。インスリンは、犬の体全体に
働いて体の細胞が糖を吸収したり肝臓が脂肪やたんぱく質を蓄えるのを助けます。
様々な原因によってインスリンが不足すると細胞は糖を吸収しにくくなり体に不調が
あらわれます。犬の糖尿病は約200頭に1頭の割合で、その内大部分は6歳以上の
犬です。若い犬はオスとメスの糖尿病発症率はほぼ同じで、老犬になるとメスの方が
多く発症しています。糖尿発症の犬種別では小型犬でダックスフンド・プードル
・テリアで大型犬ではゴールデンレトリバー・ジャーマンシェパード等に多いようです。

糖尿病の症状
犬の糖尿病の症状は飲水の増加・多尿・食欲旺盛でも体重減少・肥満・倦怠感が主な症状です。
糖尿病の恐ろしい事は合併症が起こる場合がある事です。神経症・腎症・網膜症・白内障の
他に動脈硬化・心臓疾患・尿路障害等が挙げられています。

糖尿病の原因
犬の糖尿病は原因により大きく2つに分かれます。
①インスリン依存性糖尿病
何らかの原因によってすい臓からインスリンが分泌されないことにより起こります。
②インスリン非依存性糖尿病
すい臓からインスリンは分泌されていてもすい臓以外の原因(副腎皮質機能亢進症や
甲状腺機能低下症・発情に関連したホルモン分泌バランス・感染症や他のストレス
・肥満など)によってインスリンの働きが邪魔されたり、働きが鈍くなったりする事で
糖尿病の症状が出る事を言います。この期間を長く放置していると依存性の糖尿病に
発展します。又、生まれつきすい臓の働きが弱い場合を除くと、飼い主の生活習慣
(食物の内容・量・運動量)が犬を糖尿病へと導いているケースが多い様です。
又遺伝的な体質や肥満、妊娠、膵臓疾患、神経系の失調、薬物等によっても起こる
と言われます。又老犬のメスが糖尿病になるのは発情期の後期(黄体期)で、この時期には
黄体ホルモンが最も多く分泌されるのでこの黄体ホルモンとの関係も示唆されています。

気になる様子がある場合は早めに獣医さんに診察してもらいましょう。  

おすすめ:紹介

犬の内分泌の健康と免疫力維持にアガペットゴールド